東京都板橋区前野町にあるアトリエ整骨院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
志村坂上駅から徒歩11分にあるアトリエ整骨院は整体で姿勢改善を行ない、首こり、肩こり、眼精疲労や腰痛などの症状を改善していくことを得意としています。
はじめまして、院長の 原島勇人(はらしまはやと)です。(国家資格柔道整復師免許取得、施術歴18年)

現在、スマホやタブレット、パソコンを多用し、不調になる方はとても増えています。
また、改善しようと思って、電気、マッサージやシップ、薬を試してみたけれど、良くならないという方も多いです。


私自身が20代の頃に交通事故によるむち打ち症首、肩、腰などに多くの不調に悩まされていました。
病院ではシップや痛み止めの薬、接骨院では電気とマッサージによる、もみ返しで痛みが更に強くなり、動けなくなり、家の中に引きこもりの生活を送っていました。いつになったら治るのだろう?という不安でいっぱいでした。


先輩の紹介で初めて整体を受けた時に「全身の血流が改善した」というような感覚で久しぶりに絶好調になったことから将来は整体の道に進み、同じように苦しんでいる方を救いたいと思いました。

ツラい症状によって、暗い表情になっていた方が施術後、笑顔になった時、そして、ご本人が健康になることで、周囲もよろこんでいただける。
この仕事をしていて、本当に良かったと感じます。
あなたの10年先の心と体の健康をサポートする気軽に相談できる「まちの保健室」的な存在として、貢献いたします。

アトリエ整骨院の由来


前職では親戚の家業の花屋でアルバイトをしながら社員になりました。
その会社とは花の仲卸(市場から仕入れた花を花屋さんに売る仕事)です。

お客さんである花屋さんと話している時、よく出てきたフレーズがありました。
「今日はショップでなくて、アトリエの方へ配達をしてください。」

フランス語のアトリエ(日本語で工房、作業場)という響きが耳に心地よく、いつか起業する時はこの「アトリエ」を屋号にしようと思いました。

10年の下積みを経て、2016年に笑顔をつくる工房「アトリエ整骨院」を開業いたしました。

生い立ち

  • 東京都西多摩郡奥多摩町生まれ(昭和48年10月28日)
  • 緑豊かな東京都の奥多摩町で小学校時代は動物に興味を持ち、鶏、チャボ、十姉妹、セキセイインコ、文鳥、うさぎ、うずらなどを飼育し、将来は獣医師になりたい!と思う。また、花粉症という言葉が馴染みがなかったが、スギ花粉に悩む。
  • 中学校・高校と埼玉県飯能市の聖望学園に通学。中学2年生まで東京都西多摩郡瑞穂町の親戚の家に下宿。中学時代は卓球部に所属し、部長として部員と楽しく過ごす。その一方で過敏性腸症候群と巻き爪に悩む。
  • 好きな英語を活かして、桜美林大学国際学部(現在のリベラルアーツ学群)に進学。大学一年生の時、夜勤明けで車の運転中に自損事故を起こし、むち打ちを患う。診療所のリハビリに通い、全快。大学卒業後、再び、自損事故で整骨院に通院。年上の友達が「カイロプラクティックの治療を受けに行く」というので、連れて行ってもらいました。生まれて初めて施術を受け、すっかり改善したことに感動し、施術家になりたいと思いました。この業界に興味を持つが、なり方が分からず、断念。(インターネットのない時代で調べ方も分からず)左右の親指の巻き爪の手術を受け、あまりの激痛を経験。
  • 20代、東京都世田谷区に転居。前職では親戚の家業の花屋でアルバイトをしながら社員になりました。その会社とは花の仲卸(市場から仕入れた花を花屋さんに売る仕事)です。お客さんである花屋さんと話している時、よく出てきたフレーズがありました。「今日はショップでなくて、アトリエの方へ配達をしてください。」フランス語のアトリエ(日本語で工房、作業場)という響きが耳に心地よく、いつか起業する時はこの「アトリエ」を屋号にしようと思う。
  • 【転機】花の仲卸の仕事をしているうちに、背中に違和感から痛みを覚え、自宅の近所の整骨院を訪れました。その先生に「昔、この様な仕事に憧れていたんですよ」と話したところ、「今から、学校へ行ったら良いのではないでしょうか?」との思いがけない返答に28歳の僕の頭の中に電撃が走りました。もちろん、二つ返事です。痛みで苦しんでいた自分を救ってもらった経験から、同じように苦しむ人達を救済するため施術家になることを決意。
  • 30代、20代の時に知り合った妻と結婚の為、東京都練馬区に転居。
  • 学校の紹介で新宿区牛込柳町の整骨院で働く。
  • 開業前に板橋区仲宿のいちの整骨院の創業メンバーとして、院長として働きながら、休みの日は開業に向けて、様々な勉強会に参加。その間、二人の息子に恵まれる。その一方で、子供の頃からあった痔が悪化し、専門医からは手術を勧められるが、様子を見る。
  • 笑顔をつくる工房「アトリエ整骨院」を2016年に開院してからは施術に関する知識・技術を学ぶ一方、空いた時間で息子達を連れて出かけ、妻への自由時間のプレゼントをして、家族サービスを楽しんでいる。
  • 栄養学との出会いによって、「体は食べて吸収されたものでできている」ということを知り、花粉症や過敏性腸症候群、痔までも食事が影響していたことを実感し、現在は克服した。休みなく働くが、風邪も引かず、30代の時よりも健康的に毎日を過ごしている。

経歴

  • 2002年9月株式会社フローラルコレクション退職
  • 2003年4月日体柔整専門学校入学
  • 2005年 学生時代に解剖学実習終了
  • 2006年3月日体柔整専門学校卒業
  • 2006年5月修行のため新宿区牛込柳町のひまわり整骨院で働き、外傷について学ぶ。半年で副院長に就任
  • 2008年ASTR(アスター)の技術を受講(半年間)
  • 2008年6月板橋区仲宿のいちの整骨院の創業メンバーとして働き始める。(副院長)
  • 2009年ジャパンカレッジオブオステオパシーで学ぶ
  • 2010年いちの整骨院院長に就任
  • 2010年7月クラシカルオステオパシーの技術を習い始める

~~~~~~~~~~~~~~~~
詳細をタップすると、経歴が見られます。

~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 2011年SOTソフトカイロブロックを使った骨盤矯正のセミナーに参加
  • 2012年劉勇先生よりのマッサージの技術を習い始める。この時に出会った先生とキネシオテーピングや他のセミナーに一緒に参加するようになる。
  • 2012年よりキネシオテーピング協会にてテーピング技術を数年に渡り、多数受講
  • 2013年ストレッチポール協会のセミナーを多数受講
  • 2014年5月小林篤史先生より猫背矯正の技術を受講(半年間)
  • 2014年ITO超短波主催の超音波セミナーに多数受講
  • 2014年12月疲労回復協会の技術を受講
  • 2015年2月長谷先生のお弟子さん達の頭蓋矯正を受講
  • 2015年2月井上裕史先生より肋骨矯正だけでなく、手~肩、骨盤、足、頭と全身の矯正の技術を習い、開業に前向きに検討する。
  • 2015年3月日本疼痛リハビリテーション協会にて、筋膜リリースの概念を知る(半年間)
  • 2015年7月米澤先生の痩身セミナーを受講し、3人組になった受講生とその後の勉強会でよく顔を合わせることになる。
  • 2016年6月 にアトリエ整骨院を開院。岩盤エクササイズと肋骨ベルトが大反響
  • 2016年10月坂口先生のSTM腰痛専門家を受講(半年間)
  • 2016年12月三浦先生のペインキラーテクニックセミナーに参加し、井上先生の同期の受講生と再会
  • 2016年12月キネシオテーピング理論のメディセル筋膜リリースを導入
  • 2017年6月坂口先生のトリニティ・アドバンスコースを受講(半年間)
  • 2017年10月小池先生の美容骨盤矯正に参加
  • 2017年12月株式会社ベレガのセルキュア4T+セミナーに参加
  • 2018年1月沖田先生の顔の整体法セミナーに参加し、井上先生の同期の受講生と再会
  • 2018年1月メディセルセミナーに参加
  • 2018年1月醍醐先生の骨格矯正のセミナーを受講
  • 2018年2月小池先生の背骨矯正のセミナーに参加
  • 2018年2月背骨コンディショニングの体操を受講し、セルフケアの重要性を知る
  • 2018年3月篠崎先生のセミナーを受講
  • 2018年3月株式会社ベレガのセルキュアセミナーに参加
  • 2018年3月戸栗先生の背骨矯正のセミナーに参加
  • 2018年5月荒蒔先生の全身調整のセミナーを3年間受講(様々な知り合いの先生たちと出会う)
  • 2018年7月小顔矯正セミナーを開催
  • 2018年9月問診セミナーを開催
  • 2018年10月中村先生のオールインワンセミナーを受講
  • 2018年11月Infinity代表の川西先生より視力回復アプローチを習う
  • 2019年4月山内要先生のPNS療法セミナーに参加
  • 2019年5月問診セミナーを開催
  • 2019年6月綿田先生のゆらぎセミナーを受講
  • 2018年7月小顔矯正セミナーを開催
  • 2019年8月六感協会を受講(半年間)
  • 2020年1月問診セミナーを開催
  • 2020年10月ヨガを始め、体幹の力を意識するようになり、分かりやすくしたものを施術の中で伝える
  • 2020年10月EMSのメディセルハイブリッドを導入し、ご利用者様のお悩みを早く改善できるようになる
  • 2020年11月JTAフラッシュリプロ療法を受講、偶然、井上先生のセミナー同期と会い、親交を深める
  • 2020年12月岩井先生の全身調整セミナー(半年間)に参加
  • 2021年7月JTAアカデミーに参加
  • 2021年7月メディセルセミナーに参加
  • 2021年8月メディセルセミナーに参加
  • 2021年9月メディセルセミナーに参加
  • 2021年11月山内義弘先生の筋膜リリースセミナーに参加
  • 2021年12月栄養学セミナーに参加(半年間)
  • 2022年1月五十肩パーフェクト整体セミナーに参加
  • 2022年1月O脚矯正セミナーを開催
  • 2022年1月小顔矯正セミナーを開催
  • 2022年1月杉本先生の天城流湯治療法を受講し、筋膜のつながりについてより深く学ぶ。
  • 2022年3月田村剛志先生の問診、検査法、手技セミナーに参加(半年間)
  • 2022年9月田村剛志先生の問診、検査法、手技セミナー第2期に参加(半年間)
  • 2022年9月MSM、検査法、手技セミナーに参加
  • 2023年3月田村剛志先生の問診、検査法、手技セミナー第3期に参加(半年間)
  • 2023年8月ダイエット整体セミナーに参加
  • 2023年9月五十肩パーフェクト整体セミナーに参加
  • 2023年10月小顔矯正セミナーに参加
  • 2023年11月岡山県までメディセル筋膜リリースセミナーに参加
  • 2023年11月田村剛志先生の問診、検査法、手技セミナー第3期に参加(半年間)
  • 2023年11月脳幹ファッシアリリースセミナーに参加(3か月間)
  • 2024年2月五十肩パーフェクト整体セミナーに参加
  • 2024年2月赤ちゃん頭蓋矯正セミナーを開催
  • 2024年3月赤ちゃん頭蓋矯正セミナーを開催
  • 2024年3月レオロテニーク整体、膝の整体セミナーに参加
  • 2024年3月レオロテニーク整体、骨盤矯正セミナーに参加
  • 2024年4月自律神経整体セミナーに参加
  • その他にも多数のセミナーや勉強会へ参加。現在に至る。

    あなたには3つの道があります

    ▸1つ目は、
    つらい痛みや不調の日々に我慢し、何もしないで諦めてしまう道。
    諦めるという事は、今後もそのつらい症状と付き合い続けるということです。
    ▸2つ目は、
    気休めの施術に身を任せ、いつまで経っても根本からの改善が見込めず、お金と時間を永遠に費やしていく道。
    なんとかしようとしていても、気休めの施術を受ける事に慣れてしまっている…そんな現状を続けるということです。
    ▸3つ目は、
    最前線の知識と多くの施術経験を持ち、症状の改善実績も豊富なカラダの専門家があなたの症状に真正面から向き合う当院で、もう二度とその痛みや不調を我慢することのなく、明るい毎日を送れるお身体を手に入れる道。

    あなたがどの道を選んでも、それはあなたの自由です。
    しかし、よく考えてみてください。
    今後もその痛みや不調を我慢し続けながら歩んでいく人生でいいのですか?
    迷いなく「NO!」と即答できたのであれば、今すぐ「アトリエ整骨院」へご連絡ください


    タップすると友達登録できます


    当整骨院では痛みを取るだけではなく
    絶好調のカラダ作りを提案します!

    「人生は砂時計」

    時間の経過とともに
    常に人生が消費されています。

    • 目が覚めて、すぐに起きられずに布団の中でグズグズ過ごす時間。
    • 通勤・通学時の電車の中でテンション上がらずにボーっと過ごす時間。
    • 仕事中、勉強中、用事を済ませてからのテンションが上がらない帰宅時間。

    絶好調になると、ウキウキやワクワクが溢れて
    あなたの人生の価値が上がります。

    アトリエ整骨院で絶好調を
    手に入れませんか?

    ホームページ限定「AI姿勢分析無料」